iPhoneImage.png

 

今年度から出場している国民共済U12サッカーリーグ千葉前期の8試合が無事に終了しました。

子供たちは必死にボールを追いかけ、目の前の試合を全力で頑張っていました。

 

結果は…3勝5敗でリーグ5位。

この結果はをどう捉えて後期に繋げていくか…

色々な事を子供たちは肌で感じてくれたと思います。

我々スタッフはこの8試合の経験値は大きなものと感じています。

 

コスモが目指すチームのスタイルと個々の成長を両軸に必要な指導をしていく。

負けないようにと、引いてブロックを作るとか…
やられないように下がるとかじゃない。

 

積極的にアグレッシブにボールを奪いに行く。

失点してもいいから前で戦う。
その中で成功と失敗から判断と決断を学んだリーグ戦。

攻守にミスを恐れずに、チャレンジさせる。

 

TOPチームに入れる、入れないは子供たちにとって競争でもあります。

TOPチームに入れなくても、頑張ってトレーニングに取り組む子たちが沢山います。

そんな子たちも必ず成長し、本気になって今よりもっとピッチで躍動する時期が来るはず。

 

じっとじっと我慢しながら見守ります。

夏の終わりにはその子達への成長を確認する機会も設けようと思います。

 

どうせ入れないから、諦めちゃうならそこまでで…

技術やスキルだけではなく、取り組み方やサッカーに対する想いも含めて…

我々スタッフは子供たちの可能性と未来に関わる責任を感じながら活動させて頂いています。

 

どんな年代でもサッカーを楽しむことはベースです。

子供たちみんなに持っていてほしい気持ちです。でも、プレイレベルは様々。

U12リーグの1試合も、トレーニングマッチも、招待試合も、地域での試合も全て大事な試合。

色々なゲーム環境で、色々な経験を通して成長していく子供たちをサポートしていきます。

 

観ていない所でやってる姿が本当の姿だと思います。

ピッチ内での表現だけでなく、荷物を運ぶ、アップでの取り組む姿勢などを観察しています。

 

そこでは手を抜く子…

そこでもできる子…

 

子供たちのそれぞれの状況に合わせた指導、刺激を与えたいと思います。

コツコツと…我々も試行錯誤しながら日々努力します。

 


 

 

ジュニアTOPチーム監督

座間 祐一
 

コメント
コメントする